ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS いつみても波乱万丈(この話は一部フィクションです)

<<   作成日時 : 2007/03/01 21:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

皆さんはボンタン飴をご存知だろうか?昔よく食べた人たちもそこそこいるんじゃないでしょうか?かく言う俺もその一人。幼児期、なんかよう知らんけど母ちゃんが大量に買ってきたボンタン飴を人知れずむさぼったもんだ。そしてそのボンタン飴が今空前の大ブーム!!!(俺の中限定)・・・ある部活帰りによったフィールのお菓子コーナーであいつは俺を見ていた。そして俺も視線を感じ、振り返った。やつはそこにいたのだ。額に「ボンタン飴」の文字を輝かせて・・・!そうして俺とボンタン飴は再会を果たしたのだ!!久しぶりにあのオブラートを味わった・・・そしてオブラートの中にはなんか妙に歯にくっつくあの感じ!!!なつかすぃ〜〜〜!!アレぜってぇ飴じゃねーよむしろハイチュウだよって感じが懐かしい!でもボンタン飴を見くびってもらっては困る。あのモチモチはなぁ!!もち米でできてるんだ!!まじで!!ほんとにレアリーまじで!!原材料にもち米って書いてあった!!すごくね?飴に餅が入ってるってすごくね?・・・アレ?・・でもそれじゃあボンタン「飴」じゃなくてボンタン「餅」じゃね?・・・・・・まあでもボンタン飴は飴も餅も超越した高次元領域に君臨してるから低次元の葛藤は意味を成さないからね。ボンタン飴は万物に対して平等に太陽の光の如く降り注ぐものだからね。細かいことは気にせんでいいね。うん。
しかしそんなボンタンも決してボンタン飴への道は平坦なものではなかった。ボンタンは昔、今の用途と違い、古代兵器とされて珍重されていた。特に固いボンタンは殺傷能力が高くアウシュビッツでも「ボンタン室」なるものが存在し、ひそかに使われていたのだ。その凄惨さから国際会議でガス室と同様ボンタンを兵器としてつかってはならないという条約が採択されたのだ。(国際非ボンタン条約)しかし今でも北朝鮮でひそかに核ボンタン実験が繰り返されているとか・・・現在世界的にボンタンの平和利用がすすめられ、ボンタン発電も行われているらしい。(プルボンタン政策)しかし、安全面に多少問題があり、ボンタンに中性子が当たることによって発生する放ボンタン能は細胞のアポトーシス機能に異常をきたせ、発ガンさせるなどの研究結果も出ている。チェルノブイリ原発の事故も実はボンタンが原因だったということはあまりにも有名な都市伝説である・・・しかしそのような悲しい経歴を経て世の中の裏も表も知りつくしているからこそボンタン飴はあれほどにまでやさしく、おいしく、歯にくっつくのだ。(あれ?もち米だからだったっけ?・・・)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いつみても波乱万丈(この話は一部フィクションです) ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる